通信販売

Posted on by admin

インターネットが便利な世の中、通信販売も電話を使うのではなく、インターネットでのオンライン注文が定番です。店に行かなくても商品が購入できるので、自分も結構利用します。

ラジコンに関して言えば、近隣に模型店が少なく、自分が使用している機体の部品を購入するのには、片道20キロほど走らなければなりません。

オンラインで商品を注文し、翌日には商品が手元に届くのでかなり便利なのですが、きちんと注文できているか心配になり、問い合わせで商品が注文されているかを確認してしまう。

注文サイトで商品を注文した後、問い合わせメールで確認をして、担当者からのメールが来ないと心配なのです。旅行の時の宿泊予約もそうですが、予約サイトから予約確認メールが来ても、必ず宿泊予定の旅館に電話で確認を取るのです。

電話で予約しなくてもオンラインでできるので、通話料が掛からなくて便利なのに、結局心配で電話してしまうのは心配症なのでしょうか?そんなことを考える時があるのです。

今日もラジコンの部品を通信販売で購入しましたが、前日にオンラインで注文して、決済は銀行振り込みでしたが、結局販売店に電話して、注文したのを確認しました。

オンラインでも間違いなく注文されているから心配はいらないのに、電話しないときが収まらないのは性分ですね。

他にも、いろいろと通販しますが、クレジットカード決済の場合、購入金額対してポイントが付与されるので、ポイントがたまるのが結構うれしいです。ポイントがたまった後は、プレゼントにするか、旅行券にするか迷いますが、いつもは割引券と交換します。

ちょっとお得な感じがするので、ポイントがたまるのが楽しみです。次は、何をもらおうか考え中。

夫婦のマンネリ脱出方法

Posted on by admin

All about Japanに、夫婦のマンネリ脱出方法が書かれていました。
結婚して2年しか経っていないので、参考になるだろうかと思いつつも読んでしまいました。

そもそも、恋人時代から擦れ違いの私たち夫婦は、恋人気分を味わった記憶がございません!(爆)
働いている時間帯が昼と夜なので、デートする時間だって限られていたのでね。
遠距離でもないのに、下手すると1ヶ月会えないなんてこともありました。

それでも続いたのは、毎日の電話だったと思います。
ほんの5分でも話をする。
時間があれば長電話をする。
あれが私達にとってのデートだったのかもしれません。
それは今も同じで、ずっと続いています。
時間帯のズレから、面と向かって話す時間が取れないことが多いので。

恋人気分をキープする5つのポイントを見てみましょう。

1:やさしい声を出しましょう
う~ん。これは恋人時代からなかったような気がします(笑)。
何かお願いしたい時は猫なで声になりますけどね。

2:抱きつきましょう
これはまだやっております。
子供がいないからというのもあると思いますけど。
子供が出来たら変わってしまいそうですね。

3:二人きりで出かけましょう
よくやります。
休日に出掛ける時は、別々に家を出て外でわざわざ待ち合せます。
時間に余裕を持って、どこかのコーヒーショップに入り、待っているなんて演出を作り出して。
待っている時間が結構楽しいです。
でも、これも子供が出来たらなくなってしまいそうですね。

二人で出掛ける時はよく電車に乗るのですが、たまにはドライブもいいですね。
ソリオに乗ってのんびり遠出してこようと思います。

4:プチパーティーをしましょう
プチパーティーってなんでしょう?
毎日がプチパーティーのような気もしますしね、私の場合は。

5:寝室事情を演出しましょう
休日に夫婦の営みを行う場合は、必ず家は避けます。
この方がマンネリ化しませんし、新鮮ですからね。

いつ、家だとリラックスモード全開の格好なので、外に出る時はそれなりにお洒落をするようにはしています。
人間ってギャップが大切ですよね?
いつまで続くのかは不明ですけど。

アマチュア無線

Posted on by admin

20年くらい前にアマチュア無線の免許を取得し、その頃は毎日のように友達としゃべっていました。同じ市内の友達や隣町の友達、いつもは3人くらいで毎晩のようにくだらない話をしていました。

次第に仲間が増え、いつの間にか同じ周波数でしゃべる人が10人を超えてしまい、使用する周波数を分け、いろいろな話をしていました。就職し経済的にも少し大きめの無線機を購入できるようになり、無線局免許状に記載されている使用可能な周波数が全部使用できる機械を購入し、世界中のアマチュア無線家と交信できるようになったのです。

あまり英語はわかりませんが、それでもアマチュア無線は万国共通の話し方があるので、何とか交信することができました。その後、免許を更新し、電話級から電信の免許を取得。今ではモールス信号を使用し、世界各国の無線家と交信しています。

時代の流れとともに無線機も進化し、最近の無線機はパソコンと接続が可能です。パソコンを使用すると、画像を電波に変換し遠くの方に写真を送れるようになり、キーボードを使用し、チャットみたいな事も出来てしまうのです。

話をするだけではなく、画像やモールス信号、チャットでの海外通信も一通り試しました。そんなアマチュア無線も携帯電話の普及により減退傾向で、今ではほとんどの方が音信不通。楽しかった日々はいい思い出になってしまいました。

アマチュア無線を使用した交信で、ラジコンヘリを使用しての空撮を行い、市内災害ボランティアの活動に参加し、防災訓練での空撮映像を提供したこともあります。その時は実用化にはなりませんでしたが、今後は防災訓練の会場レイアウトがよければ、ラジコンヘリにカメラを搭載し、空撮を行う予定になっています。

ラーメン店オープン

Posted on by admin

今日、近所にラーメン店が新装オープンしました。自分はラーメンが好きで、週に1度はラーメンを食べます。

おいしいラーメンは、まずスープの温度が基本だと思います。食べ始めと食べ終わりで温度変化があまりなく、最後までアツアツで食べられるとほんとにおいしいと思える。好きなだしは鶏ガラで、しょうゆ味が大好き。しかし、味の濃さって微妙なのです。

スープをみて、油が浮いていてこってりしているような感じでも、スープを飲んでみると意外とあっさりしていて、しかも旨みがしっかりとついている。そんなスープが好きです。

麺は、細麺のストレートタイプが好みで、中太や太麺はあまり好みではありません。細くてストレートで麺にスープが絡まないけど、味はしっかりとしている。そんなラーメンが好きなのです。

そういえば、最近横浜のラーメン博物館に行ってないな・・・。支那そばやの黒小麦を使用したチャーシューメンがすごくおいしくて、同じ館にあるお店では半ラーメンでも支那そばやでは大盛りで食べてしまいます。

その他では魚介だしを使用したラーメンが好きですね、あの焦げたようなにおいでも、味がしっかりとしていてインパクトがあった。

お土産にはもちろん各お店が家庭用に販売しているラーメンのセットを購入します。昼間食べたのに夕飯でもラーメンを食べてしまうのです。しかも、スーパーで売っている生ラーメンの具を買ってきて、オリジナルでラーメンを作ります。

自宅でラーメンを作る場合、生ラーメンとラーメンの具をかってきますが、肉売り場では鶏ガラを38円くらいで売っているので購入、鶏ガラしょうゆラーメンを、自宅でも試しますが、これがまたおいしいの。

こんなこと書いていたら、ほんとにラーメン食べたくなった。

トラックもハイブリッド化

Posted on by admin

乗用車のハイブリッド化や電気化の技術はここ数年で飛躍的に進歩しているのはテレビコマーシャルでも知られています。しかし、車のハイブリッド化や電動化は乗用車ばかりではありません。トラックも徐々に電動化が進んでいます。

トラックのハイブリッドは中型車に多く、ウイングサイドにハイブリッドのロゴが入っています。エンジンはそのまま搭載され、坂道や力がほしいときにはエンジンが掛かり、電気駆動からエンジン駆動に切り替わります。

しかし、車両価格が思ったより高額になり、導入している会社は限られているようですが、街ではよく見かけます。自動車関係の書面を見てみると、数年後にはガソリンや軽油燃料に代わる動力源が実用化されるようなことが掲載されています。ちょっと気になるのでついつい読んでしまうのです。

近い将来、実用化予定のバッテリーにリチウムイオンがあり、すでにハイブリッドカーには搭載されています。プリウスやリーフはこのリチウムイオンが使用されています。今後はやっぱりハイブリッドか電気自動車になるのでしょう。

もう一つ注目したいのは、電気自動車から家庭用電源を補うことができてしまうことです。以前は考えられなかった事ですが、車のバッテリーを使用して家庭用の電源を賄うことができる。そんな時代も来るようです。

トラックも、乗用車もみんな電動になる時代が来るなんて信じられないですが、近い将来そうなるのです。

今後の自動車情報誌に注目しています。自分にとっても最近の新技術の情報は、仕事をする上で大切な知識になるので、今後も情報誌は読んでいきたいと思っています。日々進化していく車なので、それについていかないといけません。