次代のバイクのためにも

Posted on by admin

最近はどうも小排気量モデルもモーターサイクル市場が賑やかみたいですね。
確かに女性には250ccクラスのクルーザー(主にDS250)あたりが、非常に人気が高いです。
さらに、お金のない大人が軽二輪の魅力にひかれて、小型スポーツや小型ネイキッドに群がるしまつですから。

バイク屋さんに生の声を聞いてみてもやはり、250ccクラスは熱い…… 
というわけでも実はないみたいです。
意外にも中型二輪や大型二輪も意外と売れているようなんです。

免許を取得したばかりの初心者ライダーに最も多いのが、相変わらず400ccのネイキッドのようです。
老若男女、普通自動二輪を取得してワクワクしている人は、本当にネイキッドに食いつきやすいそう。
やはり無難なネイキッドだけのことはあります。

また、大排気量車も売れ行きは良いみたいです。
ハヤブサといったメガスポーツを欲しがる人は少なくないみたい。
BMWやドゥカティ、KTMといった欧州勢にけっして国産の大型は、引けを取っていないのです。

メガメトリッククルーザーにおいては、残念ながら微妙な感じ。
このようなジャンルを乗る人は、ハーレーに乗りたくない人や、クルーザーそのもののスタイルや乗り心地に惚れている人意外、まぁ、買っていかないそうなんです。

しかし、一部からの熱狂的支持は凄いものがあり、
ハーレーを買ったが、やっぱり物足りないという事でXV1900やM109Rといった車両に乗り換えてしまう人もいるとのこと。
それらの人の気持ちは分かります。
自分自身ハーレーに乗り換えてみて分かったのですが、メトリッククルーザーの乗りやすさは尋常ではなかったですからね。

確かに250ccクラスは今熱いかもしれないです。
でも、だからといってメーカーが250ccにだけ目を向けているような姿勢なのかなと考えたら、個人的には嫌気を感じずにはいられないです。
「大型バイクは外車勢に譲るよ」なんて気持ち、ライダーは持ってもメーカーが持ったら終わりですからね。あきらめないでくれって思います。

個人的には、今うけるバイクを作る一方で、次代を担う製品開発を決して怠らないでもらいたいなって思っています。
ホンダのように、バイクにアイドリングストップを搭載したり、デュアルクラッチトランスミッションを搭載して新感覚スポーツライディングを追求したり。

新しい魅力や刺激を与えてくれる二輪作りのための布石となる製品を、届けてもらいたいですね。
ホンダの製品開発力は確かなものだと思っています。

私はバイクは乗らないので乗用車ですが、ホンダの製品に乗り換えを検討しています。
フィットハイブリッドという環境面にも考慮されたコンパクトカーです。

安全面やモーターなど性能が抜群です。
こういった技術が、バイクにも還元されるとより市場は賑わうのではないでしょうか。

それでいて、この車種は10万円台のフィットハイブリッドの値引きを期待できるとのことです。
家の近くにあるディーラーへ試乗と値引きの交渉をしたいと思います。
技術力のあるホンダの製品が値引きできる可能性があるのは非常に嬉しいものです。