自発的に行動すれば

Posted on by admin

婚活パーティーといった所が『大人の交際スポット』と言われているのを見ても分かるように、入会するのなら適度なエチケットが問われます。一般的な成人として、必要最低限のたしなみを有していれば間に合います。
結婚相手の年収に固執して、よい人に会っても失敗することもたくさんあるのです。結果を伴う婚活をするということのために、賃金に関する男性女性の双方が固い頭を柔らかくしていくことが求められるのではないでしょうか。
畏まったお見合いのように、サシで改まって会話することは難しいため、婚活パーティーにおいては異性の参加者全体と、オールラウンドに喋るといった手法が多いものです。
同一の趣味のある人による趣味別婚活パーティーも人気の高いものです。似たような趣味を共有する人達なら、意識することなくおしゃべりできます。自分好みの条件で参加を決めることができるのも肝心な点です。
男性から会話をしかけないでいると、女も話す事ができません。いわゆるお見合いの際に、女性側に挨拶をした後で黙ってしまうのはタブーです。差し支えなければあなたから先行したいものです。

この年になって結婚相談所なんて行けないよ、とお考えかもしれませんが、手始めにいろいろな選択肢の内の1つとして考慮してみれば面白いのではないでしょうか。しなかった事で後悔するほど、何の得にもならないものは無い筈です。
規模の大きな結婚紹介所がやっている、婚活サイト、お見合いサイトといった所では、担当者がパートナーとの斡旋をして支援してくれるシステムなので、候補者についつい奥手になってしまう人にも評判が高いようです。
3ヶ月前後の交際期間を経れば、結婚をどうするかを決めることは分かりきった事です。必然的にお見合いの席は、一番最初からゴールインを目指した場ですから、決定をあまりずれ込ませるのは相手に対する非礼になります。
異性の間に横たわる夢物語のような相手の年齢制限が、最近よく耳にする婚活というものを難渋させている理由に直結していることを、念頭においておくことです。男性女性を問わずひとりよがりな考えを変更することは第一条件なのです。
全体的に婚活パーティー・お見合いパーティーのスケジュールを見つけるなら、ネットを駆使するのがおあつらえ向きです。データ量も潤沢だし、空き席状況もすぐさま知る事ができます。

個別の結婚紹介所で加入者層が色々ですから、決して大手だからといって思いこむのではなく、要望通りの結婚紹介所というものをよく見ておくことを忘れないでください。
堅実に結婚というものに取り組んでいなければ、単なる婚活では空虚な活動に多くの場合なってしまいます。のろのろしていたら、グッドタイミングも失ってしまうことだってけっこう多いものです。
一生のお相手に高い学歴や高身長、高収入などの条件を希求するのならば、入会水準の合格ラインが高い最良の結婚紹介所を取捨選択することで、中身の詰まった婚活の実施が実現可能となります。
婚活というものが盛んな現在では、まさに婚活中だという人や、もう少ししたら婚活にいよいよ着手しようかと思う人達にしてみれば、他人からどう思われるか気にしないでおおっぴらにできる、無二の好機と考えて頑張りましょう。
自発的に行動すれば、男の人とお近づきになれる嬉しいチャンスを増やせるというのも、強い優れた点だと言えます。そこにいるみなさんも誰でも参加可能な婚活サイトをうまく活用されると良いですよ!

次代のバイクのためにも

Posted on by admin

最近はどうも小排気量モデルもモーターサイクル市場が賑やかみたいですね。
確かに女性には250ccクラスのクルーザー(主にDS250)あたりが、非常に人気が高いです。
さらに、お金のない大人が軽二輪の魅力にひかれて、小型スポーツや小型ネイキッドに群がるしまつですから。

バイク屋さんに生の声を聞いてみてもやはり、250ccクラスは熱い…… 
というわけでも実はないみたいです。
意外にも中型二輪や大型二輪も意外と売れているようなんです。

免許を取得したばかりの初心者ライダーに最も多いのが、相変わらず400ccのネイキッドのようです。
老若男女、普通自動二輪を取得してワクワクしている人は、本当にネイキッドに食いつきやすいそう。
やはり無難なネイキッドだけのことはあります。

また、大排気量車も売れ行きは良いみたいです。
ハヤブサといったメガスポーツを欲しがる人は少なくないみたい。
BMWやドゥカティ、KTMといった欧州勢にけっして国産の大型は、引けを取っていないのです。

メガメトリッククルーザーにおいては、残念ながら微妙な感じ。
このようなジャンルを乗る人は、ハーレーに乗りたくない人や、クルーザーそのもののスタイルや乗り心地に惚れている人意外、まぁ、買っていかないそうなんです。

しかし、一部からの熱狂的支持は凄いものがあり、
ハーレーを買ったが、やっぱり物足りないという事でXV1900やM109Rといった車両に乗り換えてしまう人もいるとのこと。
それらの人の気持ちは分かります。
自分自身ハーレーに乗り換えてみて分かったのですが、メトリッククルーザーの乗りやすさは尋常ではなかったですからね。

確かに250ccクラスは今熱いかもしれないです。
でも、だからといってメーカーが250ccにだけ目を向けているような姿勢なのかなと考えたら、個人的には嫌気を感じずにはいられないです。
「大型バイクは外車勢に譲るよ」なんて気持ち、ライダーは持ってもメーカーが持ったら終わりですからね。あきらめないでくれって思います。

個人的には、今うけるバイクを作る一方で、次代を担う製品開発を決して怠らないでもらいたいなって思っています。
ホンダのように、バイクにアイドリングストップを搭載したり、デュアルクラッチトランスミッションを搭載して新感覚スポーツライディングを追求したり。

新しい魅力や刺激を与えてくれる二輪作りのための布石となる製品を、届けてもらいたいですね。
ホンダの製品開発力は確かなものだと思っています。

私はバイクは乗らないので乗用車ですが、ホンダの製品に乗り換えを検討しています。
フィットハイブリッドという環境面にも考慮されたコンパクトカーです。

安全面やモーターなど性能が抜群です。
こういった技術が、バイクにも還元されるとより市場は賑わうのではないでしょうか。

それでいて、この車種は10万円台のフィットハイブリッドの値引きを期待できるとのことです。
家の近くにあるディーラーへ試乗と値引きの交渉をしたいと思います。
技術力のあるホンダの製品が値引きできる可能性があるのは非常に嬉しいものです。

レーシック受けようかな

Posted on by admin

会社で運転免許の更新の話になり、大型免許を持っているので、視力が無いと更新ができないことに気が付きました。大型免許を持っている人で、視力検査をすると深視力という項目があります。

深視力とは3本のピンがあり、真ん中のピンだけ前後に移動します。移動したピンが両脇のピント同じ位置に来たいときにボタンを押し、その距離を計測し合否を判定する検査。

この検査がなかなか難しくて、メガネ一つで合否が左右されるのです。しかし、メガネももう古く、毎年交換していかないと視力検査もギリギリの状態です。そこで、視力回復の話になりました。

最近では視力回復手術が話題を呼んでいますが、手術費用が高額なので敬遠される手術です。しかし、手術費用が高額なのは以前の話で、今現在はかなり安価で施術できるらしい。
健康保険が適用外なので、どうしても実費になるようですが、一部の生命保険は特約でレーシック手術の費用がまかなえるらしい。

そこで、自分の生命保険の担当者に問い合わせると、自分の入っている保険の中に、レーシック特約が含まれている事がわかりました。これはチャンスかもしれないと思い、早速担当者に話を聞こうと、書類や手続きをする段取りを取りました。

メガネは不便で、ラーメン食べる時は曇るし、レンズが汚れると見えないし、床に置いとくと踏んでしまうこともしばしば・・・。視力回復ができる時にやっておこうと思います。

来週にも担当者が書類を持ってきますが、いつごろからどのくらいの日数で手術がうけられるのかと、保険適用の金額なんかも聞いておかないといけないと思っています。なんだかドキドキしてきたけど、これで視力が回復してくれればそれほどうれしい事はないです。

どうなることやら。

腰痛がつらい

Posted on by admin

今朝、地震で目が覚めた。時間は午前4時ごろでしたが、家中がガタガタと音を立て初めて、揺れが激しくなったのです。

自分はびっくりして飛び起きたのですが、その時腰に違和感を覚え、痛みが生じました。その時はまだ就寝中だったので、横になりもう一度寝ました。

午前6時半に起床し、起き上がろうとした際、腰が痛くて動けなくなりました。これはまずいと思い、足の位置を変えるため、横を向きながら起き上りました。歩こうとするとやはり腰に激痛が走り、階段の手すりにつかまりながらの移動で、しばらく歩くのをやめ、そこに立ち膝になったのです。

その後、以前使ったコルセットを腰に巻き、少し楽になったところで腰痛体操を始めましたが、痛みはあまり引きませんでした。

それでも仕事は休めない状態です。いつもは出勤に自転車を使いますが、さすがに今日は車です。車で会社に着き、作業着に着替えて時間まで休憩室で横になっていました。

就業時間になり、コルセットを忘れたことに気が付き、トラックの荷台にある幅広のシートゴムを、適当な長さにカットして腰に巻き、コルセットの代わりにしました。

ゴムだけあってよく伸びるので、腰を適度に締め付けてくれたので、それだけで痛みが楽になり、作業中も腰を気にする程度で順調に仕事ができました。しかし、休憩中はさすがにバンドを緩めておかないといけないので、昼休みなどはバンドを外し、車の中で昼寝していました。

何度か腰痛を経験していますが、今度の腰痛はかなりきついです。歩くことができないくらいに痛いときにはどうしようかと思ったほど。

この時期は季節の変わり目なので、体調もそれなりに変化するのか、間接が痛くなる。別にそんなに年を取っているわけでもありません。会社の中では一番年下ですし、まだ30代。仕事上重いものを持つのは仕方がないけど、やっぱ腰痛は一番つらいですね。しばらく警戒しながらの作業になります。

通信販売

Posted on by admin

インターネットが便利な世の中、通信販売も電話を使うのではなく、インターネットでのオンライン注文が定番です。店に行かなくても商品が購入できるので、自分も結構利用します。

ラジコンに関して言えば、近隣に模型店が少なく、自分が使用している機体の部品を購入するのには、片道20キロほど走らなければなりません。

オンラインで商品を注文し、翌日には商品が手元に届くのでかなり便利なのですが、きちんと注文できているか心配になり、問い合わせで商品が注文されているかを確認してしまう。

注文サイトで商品を注文した後、問い合わせメールで確認をして、担当者からのメールが来ないと心配なのです。旅行の時の宿泊予約もそうですが、予約サイトから予約確認メールが来ても、必ず宿泊予定の旅館に電話で確認を取るのです。

電話で予約しなくてもオンラインでできるので、通話料が掛からなくて便利なのに、結局心配で電話してしまうのは心配症なのでしょうか?そんなことを考える時があるのです。

今日もラジコンの部品を通信販売で購入しましたが、前日にオンラインで注文して、決済は銀行振り込みでしたが、結局販売店に電話して、注文したのを確認しました。

オンラインでも間違いなく注文されているから心配はいらないのに、電話しないときが収まらないのは性分ですね。

他にも、いろいろと通販しますが、クレジットカード決済の場合、購入金額対してポイントが付与されるので、ポイントがたまるのが結構うれしいです。ポイントがたまった後は、プレゼントにするか、旅行券にするか迷いますが、いつもは割引券と交換します。

ちょっとお得な感じがするので、ポイントがたまるのが楽しみです。次は、何をもらおうか考え中。

夫婦のマンネリ脱出方法

Posted on by admin

All about Japanに、夫婦のマンネリ脱出方法が書かれていました。
結婚して2年しか経っていないので、参考になるだろうかと思いつつも読んでしまいました。

そもそも、恋人時代から擦れ違いの私たち夫婦は、恋人気分を味わった記憶がございません!(爆)
働いている時間帯が昼と夜なので、デートする時間だって限られていたのでね。
遠距離でもないのに、下手すると1ヶ月会えないなんてこともありました。

それでも続いたのは、毎日の電話だったと思います。
ほんの5分でも話をする。
時間があれば長電話をする。
あれが私達にとってのデートだったのかもしれません。
それは今も同じで、ずっと続いています。
時間帯のズレから、面と向かって話す時間が取れないことが多いので。

恋人気分をキープする5つのポイントを見てみましょう。

1:やさしい声を出しましょう
う~ん。これは恋人時代からなかったような気がします(笑)。
何かお願いしたい時は猫なで声になりますけどね。

2:抱きつきましょう
これはまだやっております。
子供がいないからというのもあると思いますけど。
子供が出来たら変わってしまいそうですね。

3:二人きりで出かけましょう
よくやります。
休日に出掛ける時は、別々に家を出て外でわざわざ待ち合せます。
時間に余裕を持って、どこかのコーヒーショップに入り、待っているなんて演出を作り出して。
待っている時間が結構楽しいです。
でも、これも子供が出来たらなくなってしまいそうですね。

二人で出掛ける時はよく電車に乗るのですが、たまにはドライブもいいですね。
ソリオに乗ってのんびり遠出してこようと思います。

4:プチパーティーをしましょう
プチパーティーってなんでしょう?
毎日がプチパーティーのような気もしますしね、私の場合は。

5:寝室事情を演出しましょう
休日に夫婦の営みを行う場合は、必ず家は避けます。
この方がマンネリ化しませんし、新鮮ですからね。

いつ、家だとリラックスモード全開の格好なので、外に出る時はそれなりにお洒落をするようにはしています。
人間ってギャップが大切ですよね?
いつまで続くのかは不明ですけど。

アマチュア無線

Posted on by admin

20年くらい前にアマチュア無線の免許を取得し、その頃は毎日のように友達としゃべっていました。同じ市内の友達や隣町の友達、いつもは3人くらいで毎晩のようにくだらない話をしていました。

次第に仲間が増え、いつの間にか同じ周波数でしゃべる人が10人を超えてしまい、使用する周波数を分け、いろいろな話をしていました。就職し経済的にも少し大きめの無線機を購入できるようになり、無線局免許状に記載されている使用可能な周波数が全部使用できる機械を購入し、世界中のアマチュア無線家と交信できるようになったのです。

あまり英語はわかりませんが、それでもアマチュア無線は万国共通の話し方があるので、何とか交信することができました。その後、免許を更新し、電話級から電信の免許を取得。今ではモールス信号を使用し、世界各国の無線家と交信しています。

時代の流れとともに無線機も進化し、最近の無線機はパソコンと接続が可能です。パソコンを使用すると、画像を電波に変換し遠くの方に写真を送れるようになり、キーボードを使用し、チャットみたいな事も出来てしまうのです。

話をするだけではなく、画像やモールス信号、チャットでの海外通信も一通り試しました。そんなアマチュア無線も携帯電話の普及により減退傾向で、今ではほとんどの方が音信不通。楽しかった日々はいい思い出になってしまいました。

アマチュア無線を使用した交信で、ラジコンヘリを使用しての空撮を行い、市内災害ボランティアの活動に参加し、防災訓練での空撮映像を提供したこともあります。その時は実用化にはなりませんでしたが、今後は防災訓練の会場レイアウトがよければ、ラジコンヘリにカメラを搭載し、空撮を行う予定になっています。

ラーメン店オープン

Posted on by admin

今日、近所にラーメン店が新装オープンしました。自分はラーメンが好きで、週に1度はラーメンを食べます。

おいしいラーメンは、まずスープの温度が基本だと思います。食べ始めと食べ終わりで温度変化があまりなく、最後までアツアツで食べられるとほんとにおいしいと思える。好きなだしは鶏ガラで、しょうゆ味が大好き。しかし、味の濃さって微妙なのです。

スープをみて、油が浮いていてこってりしているような感じでも、スープを飲んでみると意外とあっさりしていて、しかも旨みがしっかりとついている。そんなスープが好きです。

麺は、細麺のストレートタイプが好みで、中太や太麺はあまり好みではありません。細くてストレートで麺にスープが絡まないけど、味はしっかりとしている。そんなラーメンが好きなのです。

そういえば、最近横浜のラーメン博物館に行ってないな・・・。支那そばやの黒小麦を使用したチャーシューメンがすごくおいしくて、同じ館にあるお店では半ラーメンでも支那そばやでは大盛りで食べてしまいます。

その他では魚介だしを使用したラーメンが好きですね、あの焦げたようなにおいでも、味がしっかりとしていてインパクトがあった。

お土産にはもちろん各お店が家庭用に販売しているラーメンのセットを購入します。昼間食べたのに夕飯でもラーメンを食べてしまうのです。しかも、スーパーで売っている生ラーメンの具を買ってきて、オリジナルでラーメンを作ります。

自宅でラーメンを作る場合、生ラーメンとラーメンの具をかってきますが、肉売り場では鶏ガラを38円くらいで売っているので購入、鶏ガラしょうゆラーメンを、自宅でも試しますが、これがまたおいしいの。

こんなこと書いていたら、ほんとにラーメン食べたくなった。

トラックもハイブリッド化

Posted on by admin

乗用車のハイブリッド化や電気化の技術はここ数年で飛躍的に進歩しているのはテレビコマーシャルでも知られています。しかし、車のハイブリッド化や電動化は乗用車ばかりではありません。トラックも徐々に電動化が進んでいます。

トラックのハイブリッドは中型車に多く、ウイングサイドにハイブリッドのロゴが入っています。エンジンはそのまま搭載され、坂道や力がほしいときにはエンジンが掛かり、電気駆動からエンジン駆動に切り替わります。

しかし、車両価格が思ったより高額になり、導入している会社は限られているようですが、街ではよく見かけます。自動車関係の書面を見てみると、数年後にはガソリンや軽油燃料に代わる動力源が実用化されるようなことが掲載されています。ちょっと気になるのでついつい読んでしまうのです。

近い将来、実用化予定のバッテリーにリチウムイオンがあり、すでにハイブリッドカーには搭載されています。プリウスやリーフはこのリチウムイオンが使用されています。今後はやっぱりハイブリッドか電気自動車になるのでしょう。

もう一つ注目したいのは、電気自動車から家庭用電源を補うことができてしまうことです。以前は考えられなかった事ですが、車のバッテリーを使用して家庭用の電源を賄うことができる。そんな時代も来るようです。

トラックも、乗用車もみんな電動になる時代が来るなんて信じられないですが、近い将来そうなるのです。

今後の自動車情報誌に注目しています。自分にとっても最近の新技術の情報は、仕事をする上で大切な知識になるので、今後も情報誌は読んでいきたいと思っています。日々進化していく車なので、それについていかないといけません。

ラジコンセッティング

Posted on by admin

ラジコンのセッティングの続きをやろうと思い、プロポのバッテリーと受信機のバッテリーの充電をして、マニュアル参照しながら行いました。

セッティングはフライヤー個々で違い、同じようなセッティングはあるけど全く同じセッティングは無いに等しいので、自分の機体の状態をきちんと把握しておかないといけないのです。

今回のセッティング内容は、モーター回転数とギア比を求めて、機体に搭載されているアンプに記憶する事です。ここで、重要なことは、使用しているモーターの回転数によって数値が変わり、ギア比によってローターの回転数も変わる事です。

例えば、モーターの回転が530KV/rpmでバッテリー電圧が45Vだとすると、そのモーターは530×45=23850rpmです。そして、メインギアの歯数が120枚でモーターについているピニオンギアの歯数が11枚なので、120÷11=10.9となります。

モーターの回転数をギア比で割ると、2188となり、この機体のローター最高回転数は2188回転になります。

この数字はあくまでも最高回転数で、いつでもこの回転を使用するわけではなく、この数字をもとに上空飛行の演技によって回転数を調整しながら飛ばします。

自分が一番飛ばしやすい回転域があるので、その領域をキープしながら飛行させますが、バッテリーも放電してくれば力が無くなってくるので、バッテリーに余裕を持たせられるような操縦が必要になってきます。

ラジコンヘリは、ラジコン模型の中では最難関の部類になり、一番難しいと言われています。初心者がホバリングできるようになるにも、なりの期間が必要なのです。でも、覚えると本当に楽しい趣味なるので、これから始める方は頑張って練習してほしいです。楽しみは多いほうがいいですしね。